07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

とある!

チーム及びプレイ記事です、よろしければ閲覧して行ってください

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

第118話 とあるドラグの環境考察  

こんばんは、上条です。

今回は水曜の予告通り、ドラグニティを少し記事にしています。

・・・結構長くなってしまったのでさっそく行ってみましょー ww

先シーズンと今シーズンドラグニティに影響がありそうなことを少し記事にしております。
あくまで上条が考える「差」というものですので、細かいところを上げると色々な「差」が
生まれると思いますが、今回は2点着目してみました。

(1)制限改正のサイクロン・弾圧
 弾圧はドラグ自体にも入っていたパターンもあるため、このカードに関しては
 今回はあまり触れない感じで行こうと思います。
 しいていえば、アキュ破壊することが可能だったので若干弱体化という感じでしょうか?
 どっちらにせよ、帝がいる時点でメイン弾圧は悩みますけどね。
 
 さて、本題のサイクロンです。
 大嵐+サイク2→3になったことで実際はどのくらい変化があったのでしょうか?
 大嵐+サイク2の場合、初手率としては約40%
 大嵐+サイク3の場合、初手率としては約50%

 この10%がどのくらいドラグに取って重要か?ということですね。
 ここで一つ簡単な例を出してサイクのメリット・デメリットを考えてみます。
 
 先手
 ・渓谷→スタダ
  この流れに関しては相手も自分のサイクに関しても関係ありません。

 ・スタダ召喚できず→相手ターン
  この場合は相手のサイクが初手にある確率が10%ほど上がっているので今後渓谷が
  破壊される確率が高くなります。
 
 後手
 ・相手モンス伏せ1・罠又は魔法伏せ1→自分のターン→サイク→渓谷→スタダ
  大体は相手が罠・魔法伏せ1のパターンが多いので相手の伏せカードを破壊する確率が上がっています。

 大雑把な感じですが、サイクの初手率が10%上がったことによってスタダ召喚できる確率が
 若干上がってると思います。
 
 さて、この10%はドラグに取ってプラスなのか?マイナスなのか?というところです。
 
 結局のところ、ドラグの後手についてはサイクの初手率が上がったことによって有利になりそうな感じです。
 
 ・・ですが自分の手札に大嵐・サイクが無い場合、相手の伏せカードがサイクの初手率が10%上がるので
 渓谷がより破壊される確率が上がったと考えるべきでしょう。

 自分が後手で、尚且つ大嵐・サイクが無い場合に罠・魔法の伏せカードをおいてサイクを使ってもらわないと
 渓谷→スタダの流れに出来ません。

 人によってはサイク2→サイク3の初手率10%上昇は大したことがないという人もいると思います。
 逆にこの10%上がることによってドラグは強くなったという人もいるかと思います。
  ※結果的にいえば、大嵐+サイク3枚で初手率50%ですので、劇的な変化ではありませんので。

 今後ドラグが増えそうならば魔法・罠の伏せカードを2枚以上置く必要が出てくるかもしれません。

 大嵐には目をつぶることになるかもしれませんが、相手ターンで渓谷→スタダの流れを作らせたくないので
 ドラグの使用率や自分のデッキ構築を考えて対策していくしかありませんね。


(2)シーズン変化によりトップデッキの変化
 こちらに関してドラグに大きな影響を与えそうなモンスターは「ライオウ」や「虚無魔人」や「ヴェーラー」
 当たりでしょうか?
 新シーズン当初は「帝」が注目され、今まで通りライオウメインでは環境的に厳しいのでは?と
 考える人がいたと思います。
 正直なところ上条もその1人でした ^^;

 ただ、新シーズンに入り、帝も増えたと思いますが「ドラグ」「代行天使」も増えたように感じます。
 あれ?やはりライオウは必要なのか?と考えるにはシーズン始まってからそんなにたっていないため、
 考える余地はあるのですが、現状としては「ライオウ」を入れることによってどのデッキに影響が
 出てくるか?をよく考えて採用していきたいです。

 次に虚無魔人です。
 といっても虚無魔人に限ったことではないのですが、特殊召喚を無効にする「クリスティア」
 低攻撃力をほぼ無力化する「ワンフー」なども考えていく必要があります。
 全般的に「特殊召喚を無効化」する能力を持つモンスターですね。
 こちらについては正直ドラグニティーモンスターではアキュ以外厳しいと思います。
 ブラフォや警告や奈落、効果を封じるだけならばデモチェでも可能ですけど、どちらにせよ
 この辺のモンスターが出てくると厳しいと思います。
 実際この辺の「無効化」するモンスターの採用率も上がっているため、できる限り対策カードは
 手元に残しながら対戦するしかないと思います。
 アキュがあるから大丈夫!と思っていると「ヴェーラー」当たりを使われる可能性も
 否定できせん。
 自分のターンになる前に少し相手のヴェーラーがあるかどうか確認しておきたいです。
  ※モンスター召喚時のラグチェック(ヴェーラーが反応するので)など

 環境的には「帝」が出てきていますので、「連鎖除外」「クロウ」などの除外要素も重要かもしれません。
 今の環境ですと、どちらのカードも相手にとって嫌なカードになると思います。
 「帝」だけにとどまらず、代行天使・ドラグなどなど、主流と呼ばれるデッキに対して有効なカードです。
 ドラグならば、渓谷の存在から両方のカードをメインで入れても無駄になりにくいです。
 
 この辺もドラグを使うにあたって環境的なメタカードを無理なくデッキに入れることができるため
 他デッキに対して構築的に有利な要素だと思います。


 若干ですが光ビートが少なくなり、ジャンドがかなり減った印象を持っております。
 簡単に言うと「ドラグに取って環境的にはプラスに働いているのでは?」と考えておりますが
 皆様どうお考えでしょうか?
 
 もう少しシーズンが立つと主要デッキが出揃ってくる感じもしますが、まだ調整中だったり
 主流デッキに対してのメタデッキの台頭など、時期的にまだ早いですと思っています。
 
 ドラグは強い強いと言っていると結局のところメタられて、環境的に厳しい!という感じに
 なるかもしれません。

 ただ、個人的には「今のところ」ドラグにとっては環境的にプラス要素が多いかなー?と
 思っているだけです。

 相手デッキがドラグ対策として、ライオウ3+大嵐+サイク3+連鎖除外などでメタられたら
 厳しいですからね 笑


 自分のデッキの完成度を上げるために、ほかの人のデッキを見るのも重要だと思っておりますし、
 強い人と対戦してプレイングを上げるのもいいと思っています。
 
 ただ、少し時間がありましたら今の環境にとって「ドラグ」はどうなっているんだろう?という
 考察も少ししていただけるとありがたいです。
 
 ・・・むしろ誰か上条のドラグ考察を引き継いでよりよいものにしていただけるとありがたいんですけどね。
 
 場合によってはHP間でお互いの考察を見合って、対ドラグ対策とか練ることも可能だと思いますので。
 
 こんな感じで、自分も考察書くよーという人がいらっしゃいましたら、是非とも上条まで一報ください。
 
 ドラグ以外に関しても、考察は進めていきますのでお互い何か楽しそうな記事にできるかも ^^;


緩和休題
次回更新は恐らく来週の日曜になると思います。
内容としてはチーム記事ですね。
今後のチーム及び自分の進退を考えて記事にしていきます。
予定としては黄金週間前にこのHPも閉鎖かなーと。
チームメンバーと話してから決めますので、お暇でしたら遊びにきてやってください。
2012/04/01 Sun. 19:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://stoaru.blog71.fc2.com/tb.php/132-b1ac9bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。